転職に失敗しない|志望動機の書き方と例文

転職

転職で何度か失敗したり、初めての転職に不安を抱いている方も多いです。転職で失敗すると、やる気も起きなくなってしまいます。筆者も実際に転職失敗を経験しており、転職に失敗したときの疲労感は言葉では表せないほどありました。

なぜ失敗したり、不安になったりするのか?原因は根本的なところにありました。それは履歴書です。履歴書の志望動機に何を書いているかで、合否が決まる可能性が大きいです。

なぜ志望動機で合否が決まるのか?志望動機の重要性について理解を深めましょう。

また志望動機の書き方や志望動機の例文を参考にすると、お手本のような志望動機が作成できます。

履歴書に書く志望動機の重要性

履歴書に書く志望動機は、あまり重要性を感じていない人も多いのではないでしょうか?志望動機は合否を決める要と言っても過言ではありません

志望動機の重要性について詳しくご紹介します。

・志望動機とは
・企業側の判断材料になる
・志望動機と自己PRの違い

それぞれ解説します。

志望動機とは

志望動機とは、応募企業が合否を判断する材料になり、とても重要です。応募企業の面接担当者は、「この人は何ができるのか」よりも「なぜ弊社に来たのか」を重視しています。最初にこの人がどんな事がしたいのか、何を求めているのかを志望動機を見て判断します。つまり、履歴書の志望動機を書いた時点で、面接は始まっているのです。

また職歴を見れば今までに何をしてきたのか分かりますが、細かいところは面接しないと分かりません。そこで志望動機に自分はこの企業で、どんなことで貢献できるのか、どんなことを成し遂げたいのか、具体的に書く事で採用者に伝わりやすくなります。

なので、志望動機の使いまわしは基本的におすすめしません。

企業側の判断材料になる

履歴書に書く志望動機は、企業側の判断材料になるのでしっかり嘘のないように記入しましょう。人事は、嘘を見抜くことが仕事です。

求職者が小さな嘘をいう事は、多かれ少なかれあります。例えば自己PRで、サークルの副リーダーをしていたのに、リーダーをしてみんなをまとめていました。など少し盛った嘘であれば、ギリギリセーフです。むしろ少し盛った方がいい場合もあります。しかし経歴やスキルの嘘が発覚した場合、面接では不採用、入社後であれば解雇されるリスクがあります

例を自己PRで説明しましたが、志望動機でも同じです。応募企業のことを調べもせずに志望動機を雑に書くと、実際の面接で動機を聞かれたとき嘘を並べないといけません。会社の理念に共感して・・・と書いているのに、全然中身が分かっていなければ、チグハグな回答になってしまいます。

基本的に嘘はNGですが、自己PRなどで少し盛った話、脚色した話であれば話が盛り上がります。盛りすぎや脚色しすぎには、注意しましょう。

志望動機と自己PRの違い

志望動機と自己PRの違いは、時間です。皆さんの頭の中は?になっていると思います。良い言葉が思い付きませんでした(笑)要するに、未来を表しているのが志望動機で、過去と現在を表しているのが自己PRという事です。

志望動機は、これから会社に入社してやりたいこと、貢献できることを記入します。そうすることで採用担当者も、仕事に対する意欲があると認識してくれます。しかし志望動機に過去や現在に~しました。~でした。と記入しても今後はどうなの?と思ってしまうわけです。逆も同じで、自己PRに未来のことを書いても、現在のあなたはどうなの?と採用担当者は思うわけです。

さらに志望動機と自己PRを繋げると、より採用率は上がります。例えば事務職の面接であれば、自己PRにコツコツ作業をするのが得意と記入し、志望動機には仕事の効率が良いと記入します。そうすると、コツコツ作業することが得意だから、入社後には仕事の効率を上げ真面目に取り組んでくれると好印象を与えることができます。

志望動機が転職成功のカギ

志望動機が転職成功へのカギになります。短すぎると入社の意欲がないと判断される可能性があるので、注意しましょう。

また長すぎても、内容が入ってこないのでだいたい150字~200字を目途に記入すると良いです。

志望動機で転職の成功に近づきたいなら、書く時のコツがあります。

・なぜ応募企業に面接するのか
・自分のスキルや経験

それぞれ解説します。

なぜ応募企業を面接するのか

志望動機には、なぜその企業に入社したいのか、具体的に書きかつ企業の理解を深める必要があります。

採用担当者は、応募者が企業のことをどれだけ深く理解し感銘を受けているか見極めています。企業側の社風や理念、仕事内容などを把握しておくと面接もスムーズに進むでしょう。

また中途採用の場合、前職を退職した理由も聞かれることがあります。あまり悲観的なものではなく、前向きな表現が良いとされています。さらに前職の退職理由と志望動機を一貫させることも、特に重要です。例えば営業職へ転職する場合、前職ではみんな同じ一定の給料でしたが、御社は頑張った分だけ報酬を受け取ることができる事に魅力を感じたなど、退職理由と志望動機がマッチするように書きましょう。

自分のスキルや経験

志望動機に、自分のスキルや経験を添えることで採用率がグッと上がります。自分のスキルで会社に貢献できる事を、全面的にアピールしましょう。

また入社後のキャリアプランなども加えると、採用担当者がイメージしやすくなり長く勤めてくれると感じさせられます。入社後のキャリアプランを具体的に説明することで、好印象を持たれ企業に役立つ存在として採用されるでしょう。

志望動機の例文

志望動機の例文を参考に、作成してみましょう。

【例文】同業界・同職種に転職する
在宅医療機器メーカーである貴社では、医療機関へのルート営業だけでなく、営業スタッフ自らが実際に機器を利用している利用者のアフターフォローも行っていると伺い、ユーザーのリアルな意見を営業活動に活かせる環境だと感じました。

現職では、製薬業界で営業職を担当し、お客様第一の丁寧な仕事で卸とクリニックとの信頼関係構築に特に力を入れておりました。次第に、その先の実際に利用するお客様の生の声やリアクションを感じたいと思いはじめ、現在では顧客により近いサービスを行う貴社で、営業としての経験の幅を広げたいと考えております。

一日も早く貴社に貢献できるよう努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

【例文】未経験職種に転職する
前職ではIT関連の企業で営業を担当しており、顧客のニーズに応えることを徹底する中で、より顧客の要望にあった商品を自分の手で開発したいと思うようになり、プログラマーに興味を持ちました。

貴社の採用サイトを拝見し「職種や年齢に関わらずフランクに話し合える職場」という点と、自社の基盤とサービスとなるサービスを未経験から作り上げた方もいるという点に惹かれました。4月中にJava認定資格OCJ-P(旧SJC-P)取得を目指し、現在スクールに通いながらJavaとPHPを修得中です。未経験ではありますが、営業として業界問わず50社以上の顧客と直にやりとりしてきた経験・コミュニケーション能力は、サイト作成のプロジェクト進行でも活かせるものと考えております。
専門的な知識を学び続け、戦力となれるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

【例文】第二新卒で転職する
貴社の実用的で流行を先取りした商品に大変魅力を感じており、この度は未経験から企画職を目指せる貴重な機会なので応募しました。
前職ではアパレルブランドにて、販売職を担当しておりました。お客様と直接関わってきた経験や、営業で培ったコミュニケーション力やプレゼンテーション力は、企画職として働く上でも役立つものと考えております。また、日頃から気になる新商品のレビューをネットショップやSNSなどで日々チェックし、トレンドを把握しております。
未経験ではありますが、1日でも早く力となれるよう邁進して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

【例文】営業
前職の企画職では健康やライフプランに関するイベントを手がけることも多く、次第に人の一生に寄り添うことができ、実際にお客様と顔を合わせて仕事ができる保険業界に興味を持ちました。貴社は一人ひとりのお客様に適した幅広い保険商品の提案を行い、他社に先駆けて高齢化に備えた新商品を展開するなど、先進的な動きが魅力と感じております。
現職では、健康食品メーカー向けセミナーの企画を主に行っており、常にお客様のニーズに応えられるよう心がけ、プレゼンでの企画採用率は常に部署内トップでした。この提案力は、実際の窓口業務でお客様と関わる際も活かせると考えております。
未経験ではありますが、いち早く保険についての知識を身に付け、頑張っていきたいと思っております。

【例文】事務
貴社の事業分野ごとに営業事務のチームが存在し、チーム一眼となって目標に向かって業務を進むような働き方に魅力を感じ、志望いたしました。
現職では一般事務として3年ほど、社員のサポートや電話応対、売上集計(Excelを使用)、資料作成(Power pointを使用)などを行ってきました。もともと人の役に立つことが好きで、依頼された業務以外にも、社員の気持ちを先回りしてオフィス環境の向上や業務フローの改善などを提案・実践してきましたが、現在はより規模の大きな企業でプロジェクト単位で他のメンバーと密に関わりながら仕事をしたいと考えております。
コミュニケーションスキルと実務資格を活かし、入社後も尽力していく所存です。

引用サイト

まとめ

履歴書に志望動機を書くという事は、重要な合否のカギになる部分です。志望動機の重要性が伝わったのではないでしょうか?

応募企業が志望動機を読んで、会社に貢献できる人なのか、長く働いてくれる人なのか見極めます。なので、応募企業の社風や理念をしっかり記入し自分をアピールしましょう。

また面接のときにも志望動機は聞かれることがほとんどなので、履歴書の志望動機を丸ごと話すより、数字や内容を細かく伝えると採用率が上がります

自分のスキルや経験を、分析しておくと面接でもしっかり受け答えできます。転職成功を目指して、頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました